BLOG ブログ

占星術を学ぶ|はじめに

占星術とは

占星術(占星学)とは「天体が地球上の人間に及ぼす影響を研究する学問」です。

厳密にいうと、天体が天空のある場所に一個の点として存在し、その天体の存在が、宇宙から降り注ぐ未知の粒子や放射線や電磁波などに影響を与え、またその際に形成される干渉縞(光の干渉によってできる明暗の縞模様)が、地球や地球上の人間に影響を与えている、その状況を研究する学問です。

天体の配置が描かれた「ホロスコープ」は別名「海図(チャート)」とも呼ぶように、ホロスコープとは、人生の荒波を乗り越えるための指針になります。

占星術の学問の生かし方としては、例えば荒波の中で舵取りをしている船長がいたら、船が沈まないように、そして船が目的地にたどり着けるように、軌道修正する術を教えることです。

しかし、目的地がない船長には、船を助けることはできても、港までの航路を伝えることはできません。

星の声を聴き、考える

さらに占星術は、天空の星が人間に語りかけてくる「星の声を聴く」ことが目的であり「信じるのではなく、考えるもの」であるということが本質です。

宇宙からの科学的な影響を、魂が宿った肉体が、星の言葉を利用して、その肉体をこの地球で生かしていくための学問であり、当たる当たらないなどといった占いとは一線を画するもので、本来、科学的客観的なものです。

信じるということは、見えるものも見えなくなり、大事なことが隠されてしまう恐れもあります。

二元論ではなく、正解不正解のない「信じるものではなく、考えるものである」という視点を持ち、自由に選択できるものであるということを、伝える側も受け取る側も忘れてはいけません。

そのことを念頭においた上で、知識として得た者は、占星術により得た法則に基づいた星の声を、よりわかりやすい言葉で簡単に、人生に設計に役立てられるようにお手伝いをしていくことが求められます。

そして受け手側は、その言葉をそのまま信じるのではなく、その言葉から考えて行動し、人生に生かしていくことが求められます。

占星術を学び続けるために

自分の人生の中の時間を費やし、エネルギーを注いで生涯学習していくには、楽しんで喜びとして取り組めるかどうかも大切になります。

まずは占星術の情報に少しでも触れて、あなたの心がワクワクするかが、学ぶことを始めることを判断する一つの指標になります。

初めは聴きなれない言葉や専門用語に少し戸惑いますが、あきめずに継続していくうち徐々に、ワクワクの質が変わっていくことに気づくはずです。 

天空の星が語りかけてくる声を聴き、自分の人生に役立てるために学び、さらに星の声を聴き、他者にお伝えをする。本質に触れるほど、知識を深めるほどに、そのワクワクは本物になっていき、自然に生涯学習になっていきます。